1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 横浜博から30年… 当時のコンパニオンらが集い同窓会

横浜博から30年… 当時のコンパニオンらが集い同窓会

話題 | 神奈川新聞 | 2019年10月13日(日) 05:00

当時の職員やコンパニオンが集った同窓会
当時の職員やコンパニオンが集った同窓会

 1989年に横浜・みなとみらい21(MM21)地区で開催された横浜博覧会(YES’89)の30周年を記念し、博覧会協会の当時の職員やコンパニオンが集う同窓会が5日、JR桜木町駅近くのホテルで行われた。約130人が再会を果たし、思い出話に花を咲かせた。

 同協会は横浜市職員のほか、県内自治体や企業からの出向者で構成。

 事務局長だった間宮靖宏さん(87)は「雨にたたられた時もあったが、最終的な入場者数は1333万7150人に達した。それもここにいる皆さんのおかげ」とあいさつ。「MM21地区のスタートを切ったともいえる一大イベント。日々発展していく姿を見られてうれしい」と感慨深げに話した。

 同協会コンパニオンは263人。当時44歳で最年長だった酒井久子さん=港北区=は「子育てが終わり高齢者介護の経験もあったので、ボランティアのつもりで応募したらコンパニオンに。主に迷子や高齢者の世話を担当したが、家族からのお礼の言葉が最高にうれしかった」と語った。

 YES’89は、3月24日の開会式から10月1日までの約半年間開催。国際博覧会に匹敵する規模で、国内からは団体・企業のパビリオン34館が出展し、海外からも36カ国、二つの国際機関が参加した。

横浜博覧会に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング