1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. (10)三笠公園 連合艦隊の旗艦展示

Yokosuka海道ウォーク
(10)三笠公園 連合艦隊の旗艦展示

話題 | 神奈川新聞 | 2019年10月3日(木) 19:20

記念館「三笠」
記念館「三笠」

 「日本の都市公園100選」などにも選ばれた横須賀市を代表する公園。日露戦争の日本海海戦でロシアのバルチック艦隊を破った連合艦隊の旗艦「三笠」が保存・展示され、公園名の由来にもなっている。

 三笠は1902(明治35)年に建造され、26(大正15)年から横須賀に。戦後、艦橋や大砲といった上甲板構造物が撤去されたが、復元運動により今の姿となった。傍らには、連合艦隊司令長官・東郷平八郎の像が立つ。先日の台風15号の影響で、現在一部立ち入り制限がある。

 10月5日実施の「Yokosuka海道ウォーク~日本遺産・横須賀 軍港の歴史と面影をたどる」(実行委員会主催)のコース周辺の見どころを随時、紹介します。公式ホームページ(http://yokosuka-walk.com)。問い合わせは、応募事務局電話045(633)1960。

海道ウォークに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング