1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 元看護師ら3人に感謝状 心肺停止の男性処置で相模原市消防局

元看護師ら3人に感謝状 心肺停止の男性処置で相模原市消防局

話題 | 神奈川新聞 | 2017年10月6日(金) 16:10

南消防署長から感謝状を受ける(右から)佐藤さん、山崎さん、吉川さん=南消防署講堂
南消防署長から感謝状を受ける(右から)佐藤さん、山崎さん、吉川さん=南消防署講堂

 相模原市消防局は5日、心肺停止になった男性に心臓マッサージと自動体外式除細動器(AED)で処置を行い、一命を救った3人に感謝状を贈呈した。

 表彰されたのは、吉川秋生さん(53)=座間市、山崎徹さん(53)=相模原市中央区、佐藤和子さん(75)=同市南区。南消防署(同市南区相模大野)で秋山真男署長が感謝状と記念品を手渡した。

 市消防局によると、5月20日午前11時20分ごろ、市立総合体育館(南区麻溝台)で、卓球の練習をしていた山崎さんの友人の50代男性が突然倒れた。居合わせた佐藤さんが心臓マッサージを開始、山崎さんが引き継いだ。体育館職員の吉川さんも駆け付け、処置に加わった。

 男性はまもなく退院し、無事に社会復帰。現在は卓球も楽しめるまで回復しているという。

 元看護師という佐藤さんは「経験が生きてよかった。体力的に心臓マッサージを引き継げる人がいて助かった」、山崎さんは「救命講習は2年前に受けたが、緊張しました」、吉川さんは「倒れた人が助かって良かったです」と話した。

AEDに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング