1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 下町文化の南区 地域情報誌「はま太郎」が特集

下町文化の南区 地域情報誌「はま太郎」が特集

話題 | 神奈川新聞 | 2019年10月1日(火) 12:26

地域情報誌「はま太郎」の表紙
地域情報誌「はま太郎」の表紙

 横浜の酒場文化や歴史、人の魅力を取り上げる地域情報誌「はま太郎」(星羊社)の最新号が刊行された。16号は南区特大号で、下町文化あふれる同区の魅力を過去最大の186ページで伝える。

 特集「小さな商店の熟練の味」では地域自慢の製麺所や豆腐店、精米店を紹介。定食評論家・今柊二さんの「今柊二飯店」は美食を愛する人たちが通い続ける中華料理店を挙げる。

 横浜市内の酒屋、酒場が1938年に結成した「市民酒場組合」の所属店「市民酒場」ののれんを掲げる老舗の魅力を、有名ブロガーら常連客が筆を振るう。

 A5判、1600円(税抜き)。市内などの書店で取り扱い中。はま太郎は「横濱で飲みたい人の読む肴(さかな)」のキャッチコピーを掲げて2013年に創刊した。問い合わせは、星羊社電話045(315)6416。

情報誌に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング