1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. ロシア代表、児童にトップ技術披露 公認キャンプ地海老名

ラグビーW杯
ロシア代表、児童にトップ技術披露 公認キャンプ地海老名

話題 | 神奈川新聞 | 2019年9月29日(日) 11:56

一緒に練習を楽しむロシア代表の選手と子どもたち=海老名市社家
一緒に練習を楽しむロシア代表の選手と子どもたち=海老名市社家

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の熱戦が続く中、ロシア代表公認キャンプ地の海老名市で28日、地元小中学生と代表チームの交流イベントが開かれた。大会期間中ながら、ロシア側の協力で実現。合同練習やサイン会など盛りだくさんの内容で、子どもたちはトップレベルの技術やスピードに目を輝かせた。

 午前10時ごろ、イベント会場の海老名運動公園陸上競技場(同市社家)に代表選手らが到着。ロシア国歌を歌って迎えると、大柄な選手も穏やかな笑顔を見せた。

 合同練習には「海老名ラグビースクール」や市立柏ケ谷中学校ラグビー部の計40人ほどが参加。ボールを持つ人にタックルをせず両手で触れるタッチラグビーで汗を流した。キックなどの技術を身ぶりで教える選手もいて、子どもたちも身に付けようと真剣に取り組んだ。


ロシア代表選手からサインをもらう子どもたち=海老名市社家
ロシア代表選手からサインをもらう子どもたち=海老名市社家

 サイン会には長い列ができ、女性ファンを中心に記念撮影も盛況だった。

 市内在住で小学4年の半澤健君(9)は「技術の高さに驚いた。海老名に来てくれてうれしかった」、海老名ラグビースクールに通う綾瀬市の小学6年、鈴木礼穏君(12)は「キレのあるステップを間近で見られた」と感激した様子だった。

 スクラムの柱として活躍するプロップのキリル・ゴトフツェフ選手は「特別な場を準備してくれて感動した」。リン・ジョーンズヘッドコーチは「海老名は郊外ながら利便性がよく、環境が整っている。今後の難しい試合でもベストを尽くしたい」と力を込めた。


ロシア代表選手らを迎えた交流イベントの開会式=海老名市社家
ロシア代表選手らを迎えた交流イベントの開会式=海老名市社家

ロシア代表選手から交流イベントのお礼に記念のラグビーボールを受け取った女子児童=海老名市社家
ロシア代表選手から交流イベントのお礼に記念のラグビーボールを受け取った女子児童=海老名市社家

ロシア代表とタッチラグビーで汗を流す子どもたち=海老名市社家
ロシア代表とタッチラグビーで汗を流す子どもたち=海老名市社家

ラグビーW杯に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング