1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 名車集結!三浦半島を快走 「クラシックジャパンラリー」

名車集結!三浦半島を快走 「クラシックジャパンラリー」

話題 | 神奈川新聞 | 2019年9月29日(日) 05:00

記念艦「三笠」前に集結するクラシックカー =横須賀市の三笠公園
記念艦「三笠」前に集結するクラシックカー =横須賀市の三笠公園

 往年の名車で三浦半島を駆け抜ける「クラシックジャパンラリー2019 R134」の本戦が29日、横須賀、三浦、葉山の2市1町のコースで開催される。前日の28日には練習走行会が実施され、観客たちは歓声を上げながら名車の走りを見守った。

 ラリーイベントは、昨年3月に続いて3回目。IT企業「インプレッション」(横浜市西区)が、自動車文化の継承などを掲げて主催している。

 この日の走行会には、ジャガーやアルファロメオといったクラシックカー37台が参加。三笠公園(横須賀市稲岡町)をスタートし、浦賀ドックや城ケ島など海岸沿いを巡った。

 同市から小学6年の長男(11)とともに三笠公園を訪れた田山晴之さん(52)は「80年以上前の車が目の前で動く姿を見られて良かった」とほほ笑んだ。同日夜は記念艦「三笠」とクラシックカーを一緒にライトアップする催しもあった。

 ラリー本番は29日で、1928~73年に欧米や日本で生産された66台がエントリー。午前10時に三笠公園を出発し、観音崎や長井海の手公園「ソレイユの丘」、葉山マリーナなどを経て再び三笠公園に戻る全長約80キロのコースで繰り広げられる。

 妻の亜矢子さん(46)と参戦するという東京都の大西祥文さん(54)は「三浦半島の風景も楽しみながら走りたい」と笑顔で話している。

クラシックカーに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング