1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. クラシックからXまで 街のピアノ、自由に弾いて

クラシックからXまで 街のピアノ、自由に弾いて

話題 | 神奈川新聞 | 2019年9月27日(金) 06:00

JR川崎駅東口に設置されたストリートピアノ。演奏が始まると、聴衆の輪ができる=川崎市川崎区
JR川崎駅東口に設置されたストリートピアノ。演奏が始まると、聴衆の輪ができる=川崎市川崎区

 JR川崎駅東口(川崎市川崎区)に設置されたストリートピアノが注目を集めている。通勤や買い物帰りの市民らが関心を寄せ、中には飛び込みでクラシックを奏でる男性も。ソファやテーブルを備えた憩いの空間とともに、新たな駅前風景を演出している。

 ストリートピアノの設置は、市が駅東口の環境改善と魅力向上を狙い、10月6日まで行っている社会実験の一環。同市では初の試みで、市教育文化会館で約半世紀にわたって使用されていたピアノを再生し、商業施設「川崎ルフロン」に面した駅前広場に配置、午前11時から午後8時まで自由に弾くことができる。

 市職員も腕前を披露している。25日夕には、市シティプロモーション推進室に勤める仲山愛美さん(26)がロックバンド「X JAPAN」の「紅」を演奏した。

 東京学芸大教育学部で音楽を専攻し、コンクールでの受賞歴もある仲山さん。「屋外で弾く経験はあまりなく、練習も足りなかったので緊張した」と苦笑しつつ、「気軽に弾きながらも、周囲と一緒に盛り上がれるのがストリートピアノ。多くの人に集まってもらいたい」と音の輪の広がりに期待を寄せた。

XJAPANに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング