1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 箱根にガラスのススキ 秋風に揺れキラリ

箱根にガラスのススキ 秋風に揺れキラリ

話題 | 神奈川新聞 | 2017年9月28日(木) 02:00

ススキと一緒に穂を揺らすガラス製のススキ =箱根ガラスの森美術館
ススキと一緒に穂を揺らすガラス製のススキ =箱根ガラスの森美術館

 箱根ガラスの森美術館(箱根町仙石原)で、きらびやかなガラス製のススキ200本が秋風に揺られながら光を放っている。箱根の秋の風物詩である仙石原高原のススキをイメージして作られ、同館は「ススキとガラスの競演を楽しんでほしい」と来館を呼び掛けている。

 同館によると、高さ約1.5メートルのガラス製のススキの穂には、直径1.4センチのクリスタルガラス計2万粒があしらわれている。穂が黄色に色づき始めたススキと並んで展示されている。

 町観光協会によると、仙石原高原のススキは10月上旬から中旬にかけて黄金色の穂が膨らみ、見ごろを迎える。同月下旬から11月上旬にかけては穂が小さくなっていき、落ち着いた黄褐色のススキが楽しめるという。

 展示は11月26日まで。午前10時~午後5時半(入館は同5時まで)。問い合わせは、同館電話0460(86)3111。

箱根に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング