1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 起震車、はしご車体験… 西消防署100周年でフェスタ

起震車、はしご車体験… 西消防署100周年でフェスタ

話題 | 神奈川新聞 | 2019年9月2日(月) 10:56

横浜市西消防署の100周年を記念して開かれたフェスタ。はしご車の搭乗体験などが行われた=横浜市西区
横浜市西消防署の100周年を記念して開かれたフェスタ。はしご車の搭乗体験などが行われた=横浜市西区

 横浜市西消防署(同市西区戸部本町)が1日、開署100周年を迎えた。市民らに庁舎を開放して「消防防災ふれあいフェスタ」を開催。親子連れら約450人が訪れ、大正時代から地域の防火、救急の拠点として歩み続けた同消防署の節目を祝った。

 起震車体験や市消防音楽隊による演奏など、多彩な催しを展開。はしご車の搭乗体験では、高さ30メートル近くまではしごを伸ばし、子どもたちの歓声が響いた。

 レンジャー隊員が、ロープを素早く渡ったり、足場のない高所から降下したりする救助演技を披露。具だくさんですぐ食べられるつけ麺形式の「消防うどん」も用意され、好評だった。

 宮川淳一署長は「地域に支えられ、期待されていることを実感した。先人が築いた歴史と伝統を受け継ぎ、地域一体でより強固な防火・防災体制をつくり上げていきたい」と話した。

 同消防署は1919(大正8)年9月1日に、第一消防署として創設。関東大震災や横浜大空襲などの苦難に見舞われながら、移転や統廃合なしに100周年を迎えた全国唯一の消防署という。第二消防署として同じ日に創設された市中消防署も100周年を迎えた。

体験イベントに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング