1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. おむすび愛を込めて 「大人の学習帳」出版へ

おむすび愛を込めて 「大人の学習帳」出版へ

話題 | 神奈川新聞 | 2019年8月31日(土) 12:53

「大人のおむすび学習帳」を出版したたにりりさん
「大人のおむすび学習帳」を出版したたにりりさん

 おむすびインストラクターとして活躍するたにりりさん=川崎市高津区=が、おむすびに関する知識や歴史をまとめた書籍「大人のおむすび学習帳」を作製した。日本の伝統食でもあるおむすびを通じて、米のおいしさを伝え、消費拡大につなげるのが狙い。たにさんは「料理をしない男性にも読んでもらい知識を深めて」と話している。

 たにさんは約20年間にわたり、有機野菜を使ったレシピを考案するなど料理家として活躍してきた。おむすびに深い関心を寄せるようになったのは5年ほど前。夫がマラソンに取り組み始め、効率よくエネルギーを摂取する方策として着目した。

 「夫の出身地の新潟でかつて食べた白米の味が忘れられなかった」とも語るたにさん。以来、自宅などでワークショップを開き、消費者の立場で米のおいしさを広げる活動に携わってきた。2017年には、川崎区が地域活性化事業の一環として進める「東海道川崎宿三角おむすびレシピコンテスト」に出品し、優勝した経験もある。

 今回の学習帳も、そうした活動の一環として企画。一般のレシピ本とは異なり、お米の選び方から正しいご飯の炊き方、三角おむすびの握り方、おむすびの歴史までを96ページにつづっている。3年前から温めていた構想だったが、新米の収穫される時期に合わせて今年実行へと移した。

 子どもから大人まで楽しめるようにとイラストも多用。シンプルでユーモラスなタッチが特徴のイラストレーター・ツキシロクミさんが担当した。

 たにさんは20代の頃に難病を患った経験があり、「療養中は買い置きや冷凍のできるご飯に助けられた」と振り返る。「病気と闘った時には周囲の人から支えられた。食事を通じて皆さんに恩返ししたい」と話している。

 学習帳は9月中旬に販売を開始する予定。税抜き価格1350円。全国の書店のほか、ネット書店でも購入できる。問い合わせは、キクロス出版電話03(3945)4148。

おむすびに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング