1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 「三笠」来艦者、10万人を突破 横須賀

「三笠」来艦者、10万人を突破 横須賀

話題 | 神奈川新聞 | 2019年8月8日(木) 09:54

三笠保存会の荒川理事長(左)から記念品を贈られる西川さん(中央)
三笠保存会の荒川理事長(左)から記念品を贈られる西川さん(中央)

 三笠公園(横須賀市稲岡町)に保存されている記念艦「三笠」の2019年度の来艦者が7日、10万人を突破した。節目の来艦者に、三笠保存会の荒川堯一理事長から認定書と三笠の模型などの記念品が贈られた。

 10万人目となったのは川越市の大学4年西川智子さん(22)。友人と猿島観光に訪れ、記念艦にも足を延ばした。西川さんは「横須賀には何度か来ているが、三笠は初めて。(10万人目には)驚いている」と話した。

 保存会によると、来艦者は近年、年間約23万~25万人で推移。10万人は14年度以降、6年連続で8月中に突破している。19年度は新天皇即位に伴う10連休があったため、前年度より10日早かった。

 三笠は1902年に英国で建造され、日露戦争時の連合艦隊旗艦として活躍。26年に現在の場所に固定され、61年に復元された。

三笠に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング