1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 川崎の特産「多摩川梨」品評会 長雨も品質良好

川崎の特産「多摩川梨」品評会 長雨も品質良好

話題 | 神奈川新聞 | 2017年9月2日(土) 02:00

豊水を中心に出品された多摩川梨の品評会=川崎市農業技術支援センター
豊水を中心に出品された多摩川梨の品評会=川崎市農業技術支援センター

 川崎市の特産物「多摩川梨」の品評会と即売会が1日、同市農業技術支援センター(多摩区菅仙谷)で開かれた。地元生産者が育てた豊水をはじめ90点が出品され、優秀賞、優良賞などを選んだ。ナシは品評会後に即売された。

 多摩川梨の知名度アップと品質向上のため同市とセレサ川崎農業協同組合が主催。会場には、1箱5個入りの豊水、あきづきなどが並べられ、大きさや形、色つや、糖度、肉質の良さ、病害虫被害がないかなどを基準に、県や同市の専門家が丹念に審査した。

 今年は4月の開花が遅れ、8月の長雨の影響もあり、収穫は例年よりやや遅れ気味というが、県農業技術センター横浜川崎地区事務所の真壁敏明さんは「糖度、大きさ、形とも良好」と話していた。

 品評会で優良賞に輝いた高津区北見方の農家は、「いつもより色づきが遅く苦労したが、ぎりぎりで品評会に間に合わせることができた」と喜んでいた。巨峰などのブドウも審査された。

梨に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング