1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 市会ポスター若い意匠 最優秀賞に越野さん

市会ポスター若い意匠 最優秀賞に越野さん

話題 | 神奈川新聞 | 2017年8月29日(火) 02:00

市会ポスターに選ばれた作品を手にする学生ら(前列)=横浜市会
市会ポスターに選ばれた作品を手にする学生ら(前列)=横浜市会

 若い人に市会への関心を持ってもらおうと、横浜市会がクリエーターを目指す学生らを対象にデザインを公募していた定例会のポスターが28日、決まった。来月8日に開会する第3回定例会から来年の第2回定例会までの計4作品。市内の公共施設や駅など約3600カ所に掲示される。

 市議会局によると、公募は今年で4回目。市内在住・在学の専門学校生らから33作品が集まった。市議や同局職員、デザイナーが審査し、最優秀賞に選ばれたのは、横浜デジタルアーツ専門学校2年生の越野紗矢香さん(20)。日本昔話「鶴の恩返し」をモチーフに鶴に見立てた市議らが横浜市をつくる場面を描いた。「ぜひ、のぞいてください」と逆手に取ったキャッチフレーズも効いた。第3回定例会用のポスターとして掲示される。

 このほか、優秀賞に同2年の澁谷沙耶香さん(19)と栗原明星(あかり)さん(20)、横浜デザイン学院1年の瀧澤涼さん(18)が選ばれた。

 同日表彰式が行われ、松本研議長は「斬新で若い人が好むデザインが多く選ばれた。18歳選挙権が導入され、ポスターを契機にさらに多くの若者に市会に関心を持ってもらいたい」などと講評した。

公募展に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング