1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 県高文連軽音部が初ライブ 観客と一体に 横浜

県高文連軽音部が初ライブ 観客と一体に 横浜

話題 | 神奈川新聞 | 2019年6月25日(火) 11:04

県高文連軽音部サマーコンサート
県高文連軽音部サマーコンサート

 県高等学校文化連盟軽音楽専門部会は22日、横浜市中区の県民共済みらいホールでサマーコンサートを開いた。県高等学校軽音楽連盟との共催、かながわ県民共済などの協賛。

 高校生の文化活動発表の機会を増やそうと、同連盟に県民共済が協力して、初めてのサマーコンサートが実現した。

 県内各地から公募で10バンドが参加。座って聞くことが多い普段の発表会とは違い、ステージの真下まで観客が並ぶライブ形式のコンサートとなった。

 県立相模原総合高校3年生でつくるバンドSPLASH(スプラッシュ)のボーカル番場晴哉さんは「肩組んで!」と、ステージから観客席に呼び掛けて一体感を演出。他の参加者らもいつもと違う雰囲気での演奏を楽しんでいた。

 同バンドでベースを担当する喜多川航希さんは「もうすぐ引退なので、こういう大きな会場で演奏ができてうれしい」と活動の喜びを話していた。

バンドに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング