1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 市内18福祉施設 手作り製品販売 川崎

市内18福祉施設 手作り製品販売 川崎

話題 | 神奈川新聞 | 2019年5月18日(土) 05:00

色鮮やかな機織りの実演=川崎市川崎区の川崎信用金庫本店
色鮮やかな機織りの実演=川崎市川崎区の川崎信用金庫本店

 川崎市内の福祉施設が手作り製品の販売を行う「ふれあい市場」(社会福祉法人ともかわさき主催)が17日、川崎市川崎区の川崎信用金庫本店1階ロビーなどで開かれた。

 年に2回行われている恒例イベントで45回目。この日は18の施設が参加し、施設を紹介しながらさまざまな手作りの品を販売した。

 機織り機を持ち込んで実演したのは、中原区の「でんでん発信工房」。4年前から6台の機織り機でペットボトルカバーなどさまざまな製品を手作りしている。

 色も素材も違う何種類もの糸を使って作業を実演した越川良平さん(20)は同工房のリーダー格。「人に見せながらやるのは緊張することもある」と言いながら、「機織りは糸の組み合わせでいろいろなやり方ができるんです」と、金色の糸をアクセントにするなど手際よく織り上げていた。

こちらもおすすめ

福祉に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング