1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 最優秀賞に湯河原小6年の小川さん 水道作文コンクール

最優秀賞に湯河原小6年の小川さん 水道作文コンクール

話題 | 神奈川新聞 | 2019年5月14日(火) 05:00

 子どもたちに水道について書いてもらう県内広域水道企業団設立50周年記念「水道作文コンクール」の審査会が8日、横浜市中区の神奈川新聞社で開かれ、最優秀賞に湯河原町立湯河原小学校6年の小川湖子(ここ)さんの「みんなでつなぐ川の未来」が選ばれた。

 同コンクールは県内在住・在学の2018年度の小学4・5年生を対象に、「自然」や「災害」などをテーマに水道に関する作文を書いてもらうもので、113作品の応募があった。

 審査員長を務めた県作文の会の田中定幸会長は「経験や知識、表現力が求められるテーマだったが、独自の視点で表現しているのに感心させられた」と評した。表彰式は6月1日に海老名市社家の社家取水管理事務所で開かれる「みずきフェスタ2019」で行われる。

 他の受賞者は次の通り。学年は19年度現在。(敬称略)

▽県教育長賞
 松本夏紡(川崎市立中野島小6年)

▽県内広域水道企業団賞
 築地原誠(横浜市立大口台小5年)

▽神奈川新聞社賞
 石川希美(茅ケ崎市立鶴嶺小5年)

▽入選
 西内結梨(横浜市立伊勢山小6年)、中野文統(同南山田小6年)、村上莉央(同田奈小5年)、百鳥花(同桜岡小5年)、北村彩葉(同茅ケ崎小5年)、前田夏凛(同平沼小5年)、稲田凜香(川崎市立富士見台小6年)、柴原彩季(同御幸小6年)、塩野谷陽太(同宮内小5年)、佐々木久美(横須賀市立桜小5年)、岩瀬暁音(厚木市立南毛利小5年)

コンクールに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング