1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 国府津駅130周年で絵や写真を展示・小田原

国府津駅130周年で絵や写真を展示・小田原

話題 | 神奈川新聞 | 2017年7月6日(木) 11:29

絵本「デゴニものがたり」で、絵を担当した同市在住のイラストレーター・松山園子さんの作品
絵本「デゴニものがたり」で、絵を担当した同市在住のイラストレーター・松山園子さんの作品

 JR国府津駅開業130周年記念の展覧会「はじまりの駅 国府津」が7日から9日まで、同駅近くの施設「寄りあい処こうづ」(小田原市国府津3丁目、和田ビル2階)で開かれる。同施設と小田原鉄道歴史研究会の共催。

 展覧会では、かつて御殿場線を走り山北町内の公園で半世紀ぶりに自走したD52形蒸気機関車(SL)を主人公にした絵本「デゴニものがたり」で、絵を担当した同市在住のイラストレーター・松山園子さんの作品を紹介。元国鉄マンや鉄道写真家の手による写真などを加えた約40点が並んでいる。また鉄道模型(Nゲージ)の走行などの企画もある。

 入場無料。午前11時~午後5時。駅から徒歩約5分。問い合わせは、寄りあい処こうづ電話0465(47)0933。

展覧会に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング