1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 「18歳になったら必ず投票に」横須賀の小学校で模擬投票

「18歳になったら必ず投票に」横須賀の小学校で模擬投票

話題 | 神奈川新聞 | 2019年1月29日(火) 17:00

投票用紙を投じる児童ら=横須賀市立荻野小学校
投票用紙を投じる児童ら=横須賀市立荻野小学校

 子どもたちに選挙への関心を持ってもらおうと、横須賀市選挙管理委員会は29日、市立荻野小学校(同市荻野)で出前授業を行った。同校6年の児童42人が模擬投票を体験した。

 市選管職員から選挙の意義や投票の仕組みについて説明を受けた後、子どもたちは市のキャラクター「スカリン」や「ペリリン」などを候補者に見立てた模擬投票に参加した。

 各候補の掲げる公約が書かれた選挙公報や応援演説も参考にした上で、児童らは真剣な表情で投票用紙に候補者名を記入し、1票を投じた。記載台や投票箱は、投票所に実際に置かれているものが使われた。

 開票作業でも、子どもたちが用紙を候補者ごとに仕分けした。その後、計数機が用紙を高速で数える様子なども見学した。

 安田泉さん(12)は「世の中のことを決めるために1票がいかに大切なのかが分かった。18歳になったら必ず投票に行きたい」と話した。

模擬投票に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング