1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 「90年間、ありがとう」 片瀬江ノ島駅駅舎 1月に解体開始

「90年間、ありがとう」 片瀬江ノ島駅駅舎 1月に解体開始

話題 | 神奈川新聞 | 2019年1月19日(土) 17:00

小田急線片瀬江ノ島駅の駅舎解体を前にした「神事式」には、駅長や地元住民らが参列した=藤沢市片瀬海岸
小田急線片瀬江ノ島駅の駅舎解体を前にした「神事式」には、駅長や地元住民らが参列した=藤沢市片瀬海岸

 竜宮城をイメージしたデザインで知られる小田急線片瀬江ノ島駅(藤沢市片瀬海岸)の駅舎解体を前に、「お別れ式」が19日、駅前広場で開かれた。江の島の玄関口として90年間、親しまれてきた木造駅舎に、地元住民や観光客らは感謝の言葉を口にした。

 駅舎は1929年、小田急江ノ島線の開業と同時に誕生。江の島の竜宮信仰を反映したデザインで、国土交通省の「関東の駅百選」に選ばれた。

 江の島が東京五輪のセーリング競技会場に選ばれたことなどから、市は駅前の都市計画道路を拡幅することを決断。小田急電鉄もそれに合わせ、老朽化する駅舎を建て替えることにした。

 式では、島民によるヨット音頭や大道芸が披露されたほか、開業当時の駅舎などのパネルを展示。地元団体のメンバーや駅長らが参列した神事式も執り行われた。

 江の島振興連絡協議会の湯浅裕一会長は「なくなってしまうのは寂しいが、90年間、地元住民が慣れ親しんできた駅舎に『お疲れさま』『ありがとう』と伝えたい」と語った。

 同社によると、今月から本体を解体し始め、五輪前の2020年5月の完成を目指す。

江の島に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング