1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 「輝星」「稀風」舞う 座間・相模原で大凧まつり

「輝星」「稀風」舞う 座間・相模原で大凧まつり

話題 | 神奈川新聞 | 2017年5月5日(金) 02:00

 端午の節句の風物詩、座間市と相模原市の「大凧(おおだこ)まつり」が4日、両市の相模川河川敷などで始まった。天候にも恵まれ大勢の観光客でにぎわう中、畳敷きで100畳以上という巨大な凧が空に浮かぶと、大きな歓声が上がった。5日まで。


座間市側


1回のチャレンジで舞い上がった102畳の大きさの大凧=4日午後0時40分ごろ、座間市の相模川グラウンド
1回のチャレンジで舞い上がった102畳の大きさの大凧=4日午後0時40分ごろ、座間市の相模川グラウンド

 座間市側は約5万5千人が来場。地元保存会や陸上自衛隊員ら約100人が102畳分の大凧(約13メートル四方)を力強く引っ張った。今年の題字は「稀風」。風を受け約1トンの重さをものともせず、120メートルの高さまで揚がり、滞空時間は約3分半にわたった。


保存会のメンバーらに引かれ「輝星」と書かれた8間凧が揚がった=4日午後1時35分ごろ、相模原市新戸スポーツ広場
保存会のメンバーらに引かれ「輝星」と書かれた8間凧が揚がった=4日午後1時35分ごろ、相模原市新戸スポーツ広場

相模原市側


 4会場で約8万人が見守った相模原市側も128畳(約14・5メートル四方)の大凧を含め、計四つの凧が同時に舞う場面があった。長い歴史を誇るイベントで、初めて中学生が演奏で盛り上げた。

 最大級の大凧揚げは、風の様子を見て午後からに変更。「輝星」と書かれた8間凧は午後1時半すぎ、約80人の引き手が綱を引くとふわりと浮かんだ。4分15秒間にわたって約100メートルの高さまで舞った。

 会場を和ませようと、近くの市立相陽中学校吹奏楽部が開会式と昼休みに演奏した。部員約70人のうち32人が参加し、ディズニーメドレーや「天城越え」など計6曲をダンスも交えて披露。昼の部では部員たちを囲む人垣が二重三重に広がった。


演奏で来場者を楽しませた相模原市立相陽中学校吹奏楽部のメンバーたち
演奏で来場者を楽しませた相模原市立相陽中学校吹奏楽部のメンバーたち

 部長の林さん(14)は「緊張しましたが、自分たちなりのいい演奏ができた。たくさんの人に聞いてもらえたのがうれしい」と声を弾ませた。

大凧に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング