1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 富士山と満開の大島桜をめで 山北町の大野山で山開き式

富士山と満開の大島桜をめで 山北町の大野山で山開き式

話題 | 神奈川新聞 | 2017年4月30日(日) 02:00

富士山を望む山頂で開かれた山開き式=大野山
富士山を望む山頂で開かれた山開き式=大野山

 山北町の大野山(標高723メートル)の山頂広場で29日、登山者の安全を祈願する山開き式が行われた。好天の中、約3500人の参加者は富士山と満開の大島桜をめでながら、登山シーズンの到来を喜んだ。同町観光協会主催。

 大野山は初心者でも登りやすく、同協会によると毎年8万人前後が山登りを楽しんでいる。式で同協会の会長は「山頂からは360度素晴らしい景色が見渡せる。ぜひ多くの方に大野山と山北町を訪れてもらいたい」とあいさつした。

 大野山の山頂一帯にあった県営の放牧場が昨年3月に閉鎖され、現在は小田原市の食肉加工・販売会社が足柄牛を育てている。式では足柄牛のステーキ200人分が振る舞われ、地元農家による旬の山菜の販売も行われた。愛好家がフォルクローレ演奏やコーラスを披露すると、来場者は手拍子しながら聞き入っていた。

 平塚市の団体職員(75)は「大野山は20代のころから登っている。天気が良く、桜と富士山が素晴らしかった」と話していた。

山開きに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング