1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 育て 若き内航船員 関東運輸局が水産系高校生に研修会

育て 若き内航船員 関東運輸局が水産系高校生に研修会

話題 | 神奈川新聞 | 2017年4月15日(土) 15:04

墜落時の衝撃を疑似体験する県立海洋科学高校の生徒
墜落時の衝撃を疑似体験する県立海洋科学高校の生徒

 国内貨物を海上輸送する内航船の船員が不足する中、国土交通省関東運輸局(横浜市中区)は管内の水産系高校の生徒を対象にした安全体感研修会を開いている。船内などでの作業中の事故を想定したもので、危険への感受性を高めるきっかけとなっている。

 研修会は水産系高校の生徒が内航船員として就業するに当たり、安全意識を養い現場での危険防止に役立てようと、同運輸局が2012年度から実施している。


船内などでの事故を想定した安全体感研修会
船内などでの事故を想定した安全体感研修会

 三井造船千葉事業所(千葉県市原市)の安全研修センターで3月中旬に行われた研修会には、県立海洋科学高校(横須賀市)の生徒20人が参加した。実際の事故を想定した墜落や感電、爆発、やけどなど23項目で疑似体験した。

 生徒らは安全帯を装着して実際にぶらさがり墜落時の衝撃を感じたり、荷物とつり上げるワイヤに手を挟まれたりと、さまざまな“事故”を体感。爆発による衝撃や大きな音に驚いた様子を見せた。講師からは安全に作業する上での注意点や自分の身を守る方法を教わった。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

人材確保に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング