1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 魅力発信へ意欲 横浜観光親善大使3人が抱負

魅力発信へ意欲 横浜観光親善大使3人が抱負

話題 | 神奈川新聞 | 2017年4月5日(水) 02:00

本社を訪れた横浜観光大使の(左から)蛯原さん、加藤さん、常松さん=神奈川新聞本社
本社を訪れた横浜観光大使の(左から)蛯原さん、加藤さん、常松さん=神奈川新聞本社

本社を訪れた横浜観光大使の(左から)蛯原さん、加藤さん、常松さん=神奈川新聞本社
本社を訪れた横浜観光大使の(左から)蛯原さん、加藤さん、常松さん=神奈川新聞本社

 第15代横浜観光親善大使が4日、横浜市中区の神奈川新聞社を訪れ、2017年度の活動開始に当たり、横浜の魅力発信に意欲を示した。

 観光親善大使に選ばれたのはドルフィントレーナーの蛯原直美さん(25)=金沢区、大学院生の加藤菜月さん(22)=港北区、大学生の常松真菜さん(19)=同=の3人。来年3月31日まで市内主要イベントへの参加、式典での表彰・テープカットの介添え、初入港客船の歓迎、他都市でのPR活動などに取り組む。

 蛯原さんは「動物の魅力を伝える経験を大好きな横浜のためにぜひ生かしたい」、加藤さんは「大使として横浜のことをもっと知り、新たな発見をして素晴らしさを伝えたい」、常松さんは「生まれも育ちも両親の出会いも横浜。育んでくれた街をアピールしたい」とそれぞれ抱負を述べた。

 観光親善大使はこの日、横浜市役所も訪れ、林文子市長から「横浜のことを深く学び、市外のイベントにも積極的に参加し、魅力を伝えてほしい」と激励を受けた。

観光親善大使に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング