1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 樹木も野球に夢中 横浜公園でチューリップ咲き始め

樹木も野球に夢中 横浜公園でチューリップ咲き始め

話題 | 神奈川新聞 | 2017年4月5日(水) 02:00

野球選手をイメージした植物の造形物も展示されている横浜公園=横浜市中区
野球選手をイメージした植物の造形物も展示されている横浜公園=横浜市中区

 プロ野球・横浜DeNAベイスターズの本拠地開幕戦シリーズに合わせるように、横浜スタジアム(横浜市中区)がある横浜公園でチューリップが咲き始めた。野球選手をイメージした植物の造形物も登場し、にぎわいを演出している。

 同公園は、開催中の「第33回全国都市よこはま緑化フェア」のメイン会場「みなとガーデン」の一つ。花びらが白からピンクに変化する「ラバーズタウン」は、同フェアに向けてサカタのタネ(同市都筑区)が国内に初めて取り入れたもの。投手や打者を模した形に刈り込んだ樹木を展示する「ベイスターズガーデン」も人気を集めている。

 同公園はチューリップの名所として知られ、69品種約16万本が植えられている。企業、団体35ブースが出展する「よこはま花と緑のスプリングフェア」は7~9日に開かれる。スプリングフェアの問い合わせは、市緑の協会電話045(228)9430。

緑化フェアに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング