1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. おむすびレシピ投票へ 川崎宿まつり

おむすびレシピ投票へ 川崎宿まつり

話題 | 神奈川新聞 | 2017年4月1日(土) 02:00

三角おむすびコンテストのファイナリストの谷さん(右)と笹間さん
三角おむすびコンテストのファイナリストの谷さん(右)と笹間さん

 「東海道川崎宿2023まつり」が4月2日、川崎市川崎区宮本町の稲毛公園で開かれる。川崎宿ができて400年となる2023年を盛り上げようと官民でつくる実行委員会の主催。「三角おむすびレシピコンテスト」の決選投票も行われる。

 東海道川崎宿が発祥とされる三角おむすびの創作レシピコンテストは、応募99作品の中から上位2作品を既に決定している。芸術家・岡本太郎さんをモチーフに鶏肉と錦糸卵を使った高津区の主婦谷りりさんの「おむすびはバクハツだ。」と、江戸時代に東海道で人気だった「奈良茶飯」と地元ののらぼう菜でにぎった中原区の和食店経営笹間美香さんの「川崎産直野菜と奈良茶飯」。

 同日は、区内の調理業者がレシピを基に創作おにぎりを再現し、2個入り200パック限定(200円)で販売、購入者と審査委員に投票してもらい優勝者を決定する。

 まつりでは、市内の銘菓や農産物などの模擬店のほか、マジックショーなどが披露される。午前10時~午後3時。雨天決行。

おむすびに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング