1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 日本遺産の文化財紹介 鎌倉の協議会がブックレット作成

日本遺産の文化財紹介 鎌倉の協議会がブックレット作成

話題 | 神奈川新聞 | 2017年3月30日(木) 11:44

日本遺産に認定された鎌倉の文化財を紹介するブックレット
日本遺産に認定された鎌倉の文化財を紹介するブックレット

 日本遺産に認定された鎌倉市の有形・無形の文化財を紹介するブックレットが作成された。寺社や著名人の別邸といった構成文化財54件を年代順に解説している。

 日本遺産の事業主体「日本遺産いざ鎌倉協議会」が国の補助金を活用し10万部作成。734年に開山した鎌倉で最も古い寺・杉本寺から始まり、平安時代から昭和期にいたるまで、つくられた年代順に並べた。

 鶴岡八幡宮や鎌倉大仏といった有名史跡はもちろん、鎌倉を特徴づける切通(きりどおし)や、夏の風物詩であるぼんぼり祭などの由来や特徴を紹介。各項目のQRコードを読み取ると地図が表示され、ガイドブックとしても活用できる。

 A5判46ページ。市観光案内所などで入手できる。問い合わせは、市歴史まちづくり推進担当電話0467(23)3000(内線2674)。

ガイド本に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング