1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. ハナモモ、順次開花中 26日に「まつり」や植樹式

ハナモモ、順次開花中 26日に「まつり」や植樹式

話題 | 神奈川新聞 | 2017年3月24日(金) 02:00

二ケ領用水沿いに咲くハナモモ「矢口」=川崎市中原区宮内
二ケ領用水沿いに咲くハナモモ「矢口」=川崎市中原区宮内

 川崎市中原区の二ケ領用水沿いのハナモモが順次、花を咲かせているのに合わせ、「第32回二ケ領用水・中原桃まつり」が26日、同区等々力の等々力緑地正面広場で開かれる。地元の有志らでつくる二ケ領用水・中原桃の会(松原成文会長)の主催で、祭りばやし演奏や和菓子販売などが行われる。

 戦前に桃づくりが盛んだった同区の歴史を伝えようと同会は33年前から、竹橋(宮内)-神地橋(上小田中)間のおよそ2キロにハナモモを中心に桜、梅の計約700本を植樹している。「白い寒白がほぼ終わり、ピンクの矢口、濃い赤色の黒川矢口、桜などが順次咲く」(同会)という。

 まつりは午前10時~正午。祭りばやし演奏や和菓子「桃の彩」販売、桃の種の根付け製作実演販売などが行われる。雨天中止(小雨決行)。問い合わせは、同会の安田さん電話044(722)4532。



 中原区役所は26日午前9時半から、等々力緑地正面広場で区の木「モモ」の植樹式と植樹体験会を開く。区民が桃の苗木10本と彩りを添えるレンギョウの苗木90本を植樹する。参加者には区の花パンジーの苗がプレゼントされる。当日直接会場に集合。先着150人。雨天決行・荒天中止(中止の場合は午前8時ごろに区ホームページで告知)。

二ケ領用水に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング