1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 「未来の車、登場です」 燃料電池自動車で出前授業

「未来の車、登場です」 燃料電池自動車で出前授業

話題 | 神奈川新聞 | 2017年3月18日(土) 10:42

校庭で燃料電池自動車のボンネットを開けて内部をのぞき込む児童たち=市立鶴園小学校(相模原市提供)
校庭で燃料電池自動車のボンネットを開けて内部をのぞき込む児童たち=市立鶴園小学校(相模原市提供)

 相模原市が公用車として導入した燃料電池自動車を使い、水素エネルギーを身近に感じてもらう出前授業が14日、市立鶴園小学校(同市南区上鶴間本町)で行われた。

 事前にエネルギーについて学んだ6年生91人が校庭で車を見学。市環境政策課の職員が、車に積んだ水素と空気中の酸素を化学反応させて取り出した電気で車のモーターを回す仕組みを説明した。

 環境学習の一環として、希望する学校に車と職員を派遣する試みで、今回が初実施。見学会はクラスごとに行われ、先生の「未来の車の登場です」の紹介とともに校舎の陰から青い車体のトヨタミライがゆっくり現れると、子どもたちから拍手が起こった。走行はしなかったがモーターを回した車に全員が試乗し、静かさや乗り心地を実感した。

燃料電池車に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング