1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 3年ぶり、幻想的ナイト放流 宮ケ瀬ダム、千人が楽しむ

3年ぶり、幻想的ナイト放流 宮ケ瀬ダム、千人が楽しむ

話題 | 神奈川新聞 | 2022年10月29日(土) 21:57

青い光に照らされながら2本の水流が一気に流れ落ちたナイト放流=宮ケ瀬ダム

 通常は昼間に行う観光放流を夜間に実施するナイト放流が29日夜、宮ケ瀬ダムで行われ、抽選で選ばれた千人が幻想的な景色を楽しんだ。国土交通省相模川水系広域ダム管理事務所の協力で愛川町が主催した。

 新型コロナウイルス禍で3年ぶりの開催。感染防止のため定員を前回の1200人から減らしたが、応募者数は前回(約3900人)の2倍以上の約8千人に上る人気となった。

 ダム直下の広場で夕方から、ダム愛好家による宮ケ瀬ダムトークショーや津軽三味線の演奏、よさこいダンスなどが披露され雰囲気を盛り上げた。

放流後には花火も

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

イベントに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング