1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 島崎藤村、生誕150周年で企画展 神奈川にゆかりの地

島崎藤村、生誕150周年で企画展 神奈川にゆかりの地

話題 | 神奈川新聞 | 2022年10月21日(金) 12:04

大磯町郷土資料館=同町西小磯

 生誕150周年を迎えた作家島崎藤村の秋季企画展「島崎藤村と大磯を愛した文人たち」が22日から、大磯町郷土資料館(同町西小磯)で始まる。同資料館所蔵の資料を基に、大磯で育んだ文人たちとの交流を紹介する。12月11日まで。

 小説「破戒」や「夜明け前」で知られる島崎藤村は、国の重要無形民俗文化財にも指定されている「左義長」に魅了され、作家菊池重三郎らを介して大磯に居を構え、晩年の2年ほどを過ごしたという。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

郷土資料に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング