1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 学内食堂に学生考案新メニュー 東京農大厚木キャンパス

学内食堂に学生考案新メニュー 東京農大厚木キャンパス

話題 | 神奈川新聞 | 2022年9月27日(火) 17:40

生協の「レストランけやき」で提供することになった「鶏の南蛮漬け」(左)とブンブン農大店で販売することになった「塩サバチーズパン」

 東京農大厚木キャンパス(厚木市船子)で、学内のレストランとパン店で提供するメニューを学生に考えてもらう取り組みが行われた。学内関係者による選考会が16日に開かれ、レストラン用に「鶏の南蛮漬け」、パン店用に「塩サバチーズパン」がそれぞれ選ばれ、後期授業が始まった26日から販売している。

 この取り組みは、体を作る食べ物を学生に考えてもらおうと始めたもので、昨年に続き2回目。6~7月に学生から募集し、生協レストラン「けやき」用に30点、パン店「ブンブン農大店」用に33点の応募があった中から3点ずつを実食する選考会を開き、江口文陽学長ら16人が審査した。

メニューの考案者と特徴は

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

東京農業大学に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング