1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 横浜開港祭、規制ない開催3年ぶり 花火でフィナーレ

動画
横浜開港祭、規制ない開催3年ぶり 花火でフィナーレ

話題 | 神奈川新聞 | 2022年6月2日(木) 22:10

 ミナトの誕生を祝う「第41回横浜開港祭2022」(同祭協議会主催)が2日、横浜・みなとみらい21(MM21)地区などで開かれた。夜には市内全18区で同時に花火が打ち上げられ、ハマの夜空を彩った。通常開催は3年ぶり。

3年ぶりの通常開催となった横浜開港祭。フィナーレはステージの光のショーと花火がハマの夜空を彩り、多くの市民を魅了した=横浜市西区の臨港パークより撮影

 臨港パークのステージでは、横浜市民約300人が合唱やダンスを繰り広げる「ドリーム・オブ・ハーモニー」を披露。500機のドローンが夜空を舞うショーも繰り広げられた。フィナーレの花火が打ち上がると、歓声が響いた。

 これに先立ち、開港記念式典が関内ホール(横浜市中区)で開かれ、山中竹春市長は「開港以来、育まれてきた歴史や文化、横浜を愛するはまっ子の思いを大事に、多くの人に選ばれる横浜を将来に引き継いでいく」とあいさつした。ヴァイオリニスト石田泰尚さんが率いる弦楽合奏団「石田組」による記念コンサートもあり、市民ら約850人が記念日を祝った。(吉田太一、石川泰大)

横浜港に浮かび上がったドローンのバラ=2日夜、横浜市西区の臨港パークから撮影(立石 祐志写す)
ドローンのクジラ=2日夜、横浜市西区の臨港パークから撮影(立石 祐志写す)
ドローンのパール
市民が合唱した「ドリーム・オブ・ハーモニー」
市民の願いを込めたランタンがつるされた「LANTERN PORT」
市民の願いを込めたランタンがつるされた「LANTERN PORT」
フィナーレでは、光のショーとともに花火が打ち上がった横浜開港祭

横浜開港祭に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング