1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. GWに神奈川の観光・商業施設 集客と感染対策どう両立

新型コロナ
GWに神奈川の観光・商業施設 集客と感染対策どう両立

話題 | 神奈川新聞 | 2022年4月28日(木) 05:30

横浜高島屋の屋上で営業中のビアガーデン。三つのプランを用意している=横浜市西区

 新型コロナウイルス禍で3度目のゴールデンウイーク(GW)が29日に始まる。書き入れ時の大型連休とあって、神奈川県内各地の観光施設や商業施設は、感染防止策の徹底と集客強化という「ジレンマ」に直面しつつも、地元客のレジャー需要に照準を定めている。

 今回のGWは、県全域が緊急事態宣言の対象だった2020年、県内9市にまん延防止等重点措置が適用されていた21年とは状況が異なる。足元の新規感染者数は高止まりしているものの、法令に基づく措置は講じられない見通しだ。

 GWの過ごし方について、ぐるなび(東京都)が千人に実施したウェブ調査によると、「自宅で過ごす」人は昨年よりも減少。連休期間は最長3日間と、短いケースが最多の約3割を占めた。担当者は「近場で楽しもうと考えている消費者が多い」と予測する。

首都圏在住者を中心に

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

観光に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング