1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 県立中央農業高が生産 海老名産小麦を使ったバゲット販売

県立中央農業高が生産 海老名産小麦を使ったバゲット販売

話題 | 神奈川新聞 | 2021年12月26日(日) 05:30

 海老名市内の耕作放棄地で県立中央農業高校(同市中新田)の生徒らが生産した小麦「ユメシホウ」を使ったバゲット(フランスパンの一種)などが、JR国立駅商業施設内のパン販売店「モンタボーnonowa国立店」(東京都国立市)で今秋から販売されている。同校の生徒8人が25日、同店を訪れ、パンの販売を手伝った。

 同校農業総合科の生徒らは2009年から、…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

地産地消に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング