1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 江の島に歴史体験施設、13日公開 温室遺構生かし改修

江の島に歴史体験施設、13日公開 温室遺構生かし改修

話題 | 神奈川新聞 | 2021年11月12日(金) 21:25

温室遺構の上に建てられた全面ガラス張りの歴史体験施設=江の島サムエル・コッキング苑

 江の島サムエル・コッキング苑(藤沢市江の島)に残る近代文化遺産を生かした歴史文化体験施設が完成し、13日から一般開放する。

 2003年の開業以来初の大規模改修事業の第1弾で、今後、22年度にかけて、自然を生かした遊具や交流・体験施設なども整備。ウィズコロナ、アフターコロナ時代を見据え、江の島観光再活性化の起爆剤に位置付ける。

 遺構は英国人貿易商サムエル・コッキングが1882(明治15)年に造成した植物園で使用されたスチーム式の植栽温室で、当時は東洋一の規模と言われた。れんが造りのものとしては現存する唯一の温室遺構となる。

ウッドデッキやテラス…今後も続々

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

改修に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング