1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 全国大会で活躍の横須賀総合高美術部 大型画面で作品投影

全国大会で活躍の横須賀総合高美術部 大型画面で作品投影

話題 | 神奈川新聞 | 2021年10月18日(月) 12:17

横須賀総合高校美術部の作品をデジタル化して投影したプロジェクションマッピング=コースカベイサイドストアーズ

 全国大会などで数々の賞を獲得している神奈川県横須賀市立横須賀総合高校(同市久里浜)美術部の作品をデジタル化し、大型画面に投影する「アートプロジェクションマッピング」が11月11日まで、同市本町の商業施設コースカベイサイドストアーズで行われている。近年の受賞作を中心に約150点を約8分の動画で紹介している。

 同施設内にあるシースルーエレベーターの壁面に設置した縦横約7メートルのスクリーンに、油彩やイラスト、アクリル画などをデジタル化して投影。手に持ったドーナツの穴から見た妹の姿を描き、大胆な構図で昨年の全日本高校デザイン・イラスト展内閣総理大臣賞を射止めたアクリル画「望遠鏡」も紹介している。

 期間中は毎日午前11時~午後8時半、30分おきに投影する予定。同美術部顧問の高野芳幸教諭(64)は「市民や観光客にも美術部の活動を広く知ってもらいたい」と話している。(米本 良子)

プロジェクションマッピングに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング