1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. ドライフルーツに生まれ変わった傷ナシ 川崎の直売所で販売

ドライフルーツに生まれ変わった傷ナシ 川崎の直売所で販売

話題 | 神奈川新聞 | 2021年9月16日(木) 11:45

無添加が特徴のナシのドライフルーツ(川崎市農業技術支援センター提供)

 川崎市農業技術支援センター(同市多摩区)は、傷があるなどの理由で販売できなかったナシをドライフルーツに加工し、17日から販売を始める。同センター内で栽培試験研究の一環として育てたナシを使い、初めて企画した。

 製品は、スライスしたナシを24時間程度乾燥させたもので、ナシ本来の甘みや香りが口の中に広がる。添加物を使わず、健康にも気を配ったという。

 同センターは「寄せられた意見を市内の農家に伝えることで、(生産から加工、販売までを行う)6次産業化の契機となることを期待したい」としている。

 25グラム入りで280円。JAセレサ川崎の大型農産物直売所「セレサモス」麻生店や宮前店などで販売する。(鈴木 崇宏)

農業に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング