1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 海の厄介者ウニ 実は畑で役に立ってます@逗子・葉山

三浦半島・西海岸物語25
海の厄介者ウニ 実は畑で役に立ってます@逗子・葉山

話題 | 神奈川新聞 | 2021年8月25日(水) 07:00

ウニの殻を堆肥にする石井さんは「農業利用や育った野菜を食べる輪が広がれば嬉しい」と話す=横須賀市

 海藻類が無くなる「磯焼け」の被害は三浦半島でも深刻だ。逗子・葉山では、サーファーや漁師、畜産農家らが連携して、磯焼けの要因となるウニを除去し、堆肥化して地元農業に活用する動きが進んでいる。

 県も除去効果の調査を支援するなど地域連携は強まっており、「できることを探り、海の命に向き合っていきたい」との思いが広がる。

岩場にびっしり 採っても採りきれない

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

ウニに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング