1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 金ソフト山田、銅サーフィン都筑 地元藤沢にお祝い横断幕

東京五輪
金ソフト山田、銅サーフィン都筑 地元藤沢にお祝い横断幕

話題 | 神奈川新聞 | 2021年7月30日(金) 05:30

ソフト山田、サーフィン都筑のメダル獲得を祝う横断幕=藤沢市役所本庁舎

 東京五輪でメダルを獲得した藤沢市出身の選手を祝う横断幕が29日、藤沢市役所本庁舎最上階(9階)の展望デッキに張り出された。

 横断幕は縦1・1メートル、横5・8メートル。ソフトボールで金メダルに輝いた日本代表主将の山田恵里(同市立御所見小、同御所見中出身)と、東京五輪で初めて採用されたサーフィンで銅メダルを手にした都筑有夢路(同市立鵠南小、同湘洋中出身)の両選手の名前とメダルの種類、競技のピクトグラム(絵文字)が描かれている。

 藤沢駅周辺の市街地からも見える場所に掲出されており、市役所などへ向かう市民は横断幕を見上げスマートフォンで撮影するなど、五輪ムードを満喫している様子だった。

 同庁舎1階プロムナードには、同市ゆかりの男子競泳銀メダルの本多灯選手(日大藤沢高出身)とアーチェリー男子団体銅メダルの武藤弘樹選手(慶大SFCキャンパス環境情報学部出身)らを紹介したパネルなどの展示も行われている。

 江の島を会場としたセーリグ競技の470級には日大生物資源科学部(同市)出身の吉田愛選手と同市在住の吉岡美帆選手のペアも出場している。市オリンピック・パラリンピック開催準備室は「横断幕がさらに増えれば」と期待を寄せている。(宮崎 功一)

東京五輪に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング