1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 伊勢原・大山で夏山開き 信徒「コロナ禍を早く鎮めて」

伊勢原・大山で夏山開き 信徒「コロナ禍を早く鎮めて」

話題 | 神奈川新聞 | 2021年7月28日(水) 05:00

登拝門を解錠後、石段を上る「お花講」の信徒=伊勢原市大山

 伊勢原市の大山(標高1252メートル)で27日、恒例の「夏山開き」が行われた。

 新型コロナウイルス対策で昨年に続き、参列する信徒数を絞って実施。強い雨が降る中、大山講の信徒が大山阿夫利神社下社境内にある登拝門の鍵を開けた。

 大山は現在、年間を通じて登ることができるが、かつては7月27日~8月17日以外は閉ざされていた。

 登拝門の儀式はその名残で、江戸時代の元禄期から鍵を保管している都内の「お花講」が、おはらいを受けた後に門を解錠した。

 講元ら4人が「散華(さんげ)、散華、六根清浄(ろっこんしょうじょう)」と念仏を唱えながら、雨の中を山頂へと続く石段を上った。

 講元の大野泰昭さん(69)は「雨降って地固まると言うが、コロナ禍を早く鎮める雨であってほしい。来年は日本橋から大山まで歩きたい」と話した。(最上 翔)

大山に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング