1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 育てたナシ、苦労の味は? 川崎・南河原小の果樹園で収穫

育てたナシ、苦労の味は? 川崎・南河原小の果樹園で収穫

話題 | 神奈川新聞 | 2021年7月26日(月) 07:00

ナシの収穫を体験する児童=川崎市幸区の市立南河原小

 川崎市立南河原小学校(同市幸区)の5年生約70人がこのほど、校内の果樹園で栽培したナシを収穫した。丹精込めて育てたナシの中からお気に入りの「1玉」を選んだ。

 同校は都市部で暮らす児童に生産者の思いを知ってもらおうと、30年以上にわたりナシの収穫体験を続けている。コロナ禍の影響で、昨年は十分な栽培活動ができなかったが、今年はボランティアの五十嵐努さん(71)らの協力も得て、春先の授粉や摘花、草取りなどをこなしてきた。

 今年は天候にも恵まれ、収穫の時期を例年の夏休み明けから夏休み前へと前倒し。五十嵐さんによると、粒ぞろいな実がたくさんなり、出来も上々という。

 児童は園内の4本の木から川崎発祥の長十郎や、幸水、豊水をもいだ。

 10歳の女子は「草むしりが大変だった。みんなの苦労がつまっているので、おいしく食べたい」と笑顔で話していた。

体験イベントに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング