1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 神奈川・伊勢原から地元の五輪選手応援 小学生が「招布」

東京五輪
神奈川・伊勢原から地元の五輪選手応援 小学生が「招布」

話題 | 神奈川新聞 | 2021年7月20日(火) 12:32

小田急線伊勢原駅自由通路に掲げられている、児童の応援メッセージ入りの手拭い「招布」

 東京五輪に出場する伊勢原市出身のアスリートを応援しようと、小田急線伊勢原駅の自由通路や、大山の麓の「こま参道」に地元の児童が健闘を願うメッセージを書き込んだ特製手拭い「招布(まねぎ)」が掲げられている。26日まで。

 招布は江戸時代、大山の登拝期間に宿坊が門前に掲げて大山講のグループを歓迎した手拭い。

 今回、市は五輪のシンボルカラーである青、黄、黒、緑、赤の5色の招布各200枚、計千枚を用意。市立の全10小学校に配布し、メッセージを書いてもらった。

地元出身の出場選手は

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

東京五輪に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング