1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 絵本作者はロマンスカーの現役運転士 海老名で発売イベント

絵本作者はロマンスカーの現役運転士 海老名で発売イベント

話題 | 神奈川新聞 | 2021年6月13日(日) 05:30

ロマンスカーの運転士が描いた絵本「ひとりじゃないよ」

 小田急電鉄「特急ロマンスカー」の現役運転士が描いた絵本の発売イベントが12日、ロマンスカーミュージアム(海老名市)で開かれた。

 絵本の販売に加え、ロマンスカー・LSE(7000形)の車内見学ツアーも開かれ、参加した親子は人気特急列車の“乗車”を楽しんだ。

 絵本「ひとりじゃないよ」(大学教育出版、1100円)は、小さな男の子とLSEをテーマにした家族の物語だ。

 著者はロマンスカー運転士であり、絵本専門士の資格を持つ小林理絵さん(33)。昨年、社内のコンテストに絵本の企画を応募したところ、最優秀賞を受賞し、絵本の制作が決定した。

 「運転していると、列車に手を振ってくれる子どもたちが多い。運転士として見てきた景色を形にしたかった」と小林さん。

 絵本では車内から見える四季折々の景色や、沿線で遊ぶ子どもたちの姿も描いた。

ロマンスカー・LSE(7000形)の車内見学ツアーを楽しむ参加者と、運転士の小林理絵さん(右端)=海老名市のロマンスカーミュージアム

 発売初日のこの日は、絵本購入者を対象にしたLSEの車内見学ツアーも開催。LSE運転経験のある小林さんも思い出の詰まった車内に立ち、参加者との交流を楽しんだ。

 ツアーに参加した東京都稲毛市の男児(11)は「LSEは家族で乗ったことがあるので、もう一回乗れてうれしい」と笑顔。弟(7)も「ロマンスカー大好き。絵本も早く読みたい」と声を弾ませた。

 小林さんは「大切な人への贈り物にもなる一冊。ぜひ、家族や親子で一緒に読んでほしい」と話した。

 絵本は14日から全国の書店やオンラインでも販売される。問い合わせは小田急お客さまセンター電話044(299)8200。(松島 佳子)

小田急電鉄に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング