1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 逗子の「味力」日替わりで 飲食店のオリジナル弁当が人気

新型コロナ
逗子の「味力」日替わりで 飲食店のオリジナル弁当が人気

話題 | 神奈川新聞 | 2021年6月13日(日) 08:00

多彩な弁当がずらりと並ぶ「逗子まんぷくカーニバル」=逗子市逗子

 新型コロナウイルスの影響が長引き飲食店が打撃を受ける中、逗子市の飲食店主らが各店の魅力を詰め込んだオリジナル弁当を売り始めた。

 「逗子まんぷくカーニバル」と銘打ち、今月1日から毎日、JR逗子駅前広場で開催。

 住民にとっては地元の多彩な味を発見する機会になり、店主たちは「なかなか飲食店に行けない人にも地域の味を届け、コロナ禍でもできることをしていきたい」と前を向いている。

 おでんのジャガイモもやちくわをつぶしたおでんコロッケ弁当、葉山町で農家が育てる最高級黒毛和牛の葉山牛を使ったシュウマイ弁当、爆盛り唐揚げ弁当。おでん酒場や定食屋、フレンチビストロなど9店が参加し、個性あふれる弁当などが日替わりで並んでいる。

 早速人気を呼び、毎日20食ずつ用意しているが、平日でも昼には完売する日もある。

 広場は大通り沿いで目に付きやすく、バスの中から気付いてふらりと立ち寄った女性の姿も。

苦境でも前を向けた

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

グルメに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング