1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 「からくり人形時計」16年ぶり復活 横浜イセザキ・モール

動画
「からくり人形時計」16年ぶり復活 横浜イセザキ・モール

話題 | 神奈川新聞 | 2021年6月11日(金) 05:40

 「時の記念日」の10日、イセザキ・モール(横浜市中区)で止まっていた「からくり人形時計」が16年ぶりに復活した。

音楽が鳴り響く中、9体の人形が動く「からくり人形時計」=横浜市中区のイセザキ・モール

 からくり人形時計は、「鐘を鳴らす神父」「ふるいをかける農婦」「パンを焼くパン職人」「鉄を打つ鍛冶職人」など、中世ヨーロッパの職人らをかたどったブロンズ風の人形9体が設置され、バロック調の音楽とともに、回転しながら各人形が鐘を鳴らしたり、ラッパを吹いたりと、独特の動きをする。

 同日午前11時に音楽が鳴り響き、人形が稼働。3分間のパフォーマンスが終わると、周囲から拍手が起こった。発案したイセザキ・モール商和会の廣井晴雄理事長(81)は「先輩が残してくれた時計の復活をうれしく思う。元気ある街づくりをしていきたい」と話していた。

 時計の再稼働は伊勢佐木町1・2丁目地区商店街振興組合が街のにぎわいづくりのために企画し、1978年に時計を製作した乃村工芸社のグループ会社「ノムラテクノ」が復元した。

再稼働した「からくり人形時計」=横浜市中区のイセザキ・モール
お披露目された「からくり人形時計」=1978年11月11日、自社撮影

 からくり人形は午前10時から午後9時まで、毎正時と30分に、3分間照明付きで稼働する。(吉田 太一)

イセザキ・モールに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング