1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 被災地へ癒しの楽曲 「いのちの地球」新屋さん7月披露

3・11東日本大震災10年
被災地へ癒しの楽曲 「いのちの地球」新屋さん7月披露

話題 | 神奈川新聞 | 2021年5月30日(日) 11:00

 東日本大震災で東北地方を襲った津波をテーマにした楽曲「いのちの地球(ほし)」を、川崎市多摩区の音楽家新屋賀子さん(47)がつくり上げた。

津波をテーマにした「いのちの地球」の弾き語りをする新屋賀子さん=みどりアートパーク

 震災の3年後に夢で見た津波のイメージをもとに作詞・作曲。命をはぐくむ地球への思いを表現し、被災者の癒やしになるよう願いを込めた。

 7月に横浜市内で開かれる震災関連の催しで、愛のメロディーを届ける。

 「震災の日にテレビで見た大きな津波のようだった」。新屋さんは2014年3月初め、自宅で就寝中に見た津波の夢を鮮明に記憶している。

 東京大大学院修士課程で教育心理学を学び、臨床心理士でもある新屋さん。夢の続きを音楽を使ったイメージ療法で想起した。

「心の強さ共感」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

東日本大震災に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング