1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. ポリプから育てた「ナデシコクラゲ」 えのすいで国内初展示

ポリプから育てた「ナデシコクラゲ」 えのすいで国内初展示

話題 | 神奈川新聞 | 2021年4月25日(日) 19:40

国内初展示のナデシコクラゲ(新江ノ島水族館提供)

 新江ノ島水族館(藤沢市片瀬海岸)は、2012年に岩手県山田町沖の深海底で発見されたポリプ(クラゲになる前段階)から育てたナデシコクラゲを国内で初めて展示している。

 展示されているクラゲは6個体で、かさの直径は約2~3センチ。標準和名はなく、クラゲの口唇がナデシコの花のように見えることから命名された。

 淡いピンク色の花のような姿がふわりと水槽内を漂う様子が来館者の目を引いている。

回収した空き缶に付着

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新江ノ島水族館に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング