1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 伊勢原・比々多神社で2年ぶり「暴れみこし」

伊勢原・比々多神社で2年ぶり「暴れみこし」

話題 | 神奈川新聞 | 2021年4月23日(金) 05:30

2年ぶりに行われた三ノ宮比々多神社の神輿渡御=伊勢原市三ノ宮

 伊勢原市三ノ宮の三ノ宮比々多神社で22日、1300年以上続くとされる例大祭が行われた。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、昨年は中止された「神輿(みこし)渡御」を今年は規模を縮小して実施。地元の若者らが「イヤートーサッセ(弥遠(いやとう)に栄えたまへ)」の掛け声を上げながら疫病退散などを願って練り歩き、地域に活気をもたらした。

 同神社の例大祭は、飛鳥時代の672年に起源があるとされる由緒ある行事。昨年はコロナ禍で神事のみを執り行った。

 2年ぶりに行われた神輿渡御は「暴れみこし」として知られる。法被姿の青年会や祭り保存会のメンバーが担ぎ手となり、マスクを着用するなど感染防止に注意を払い、みこしを上下左右に激しく揺らしながら練り歩いた。

 同神社の永井武義宮司(55)は「地域の伝統を守り、疫病退散を祈願したいとの関係者の熱意で、神輿渡御が実現した。厳しい情勢の中で、心を一つにして、例大祭を盛り上げてもらい感謝したい」と話した。(最上 翔)

祭りに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング