1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 地域に愛され42年 横浜・日吉のサンドイッチ店、歴史に幕

地域に愛され42年 横浜・日吉のサンドイッチ店、歴史に幕

話題 | 神奈川新聞 | 2021年4月1日(木) 11:52

42年間の歴史に幕を閉じた「サンドーレひよし」の魚野悦男さん、弘子さん夫妻=横浜市港北区日吉本町3丁目

 横浜市港北区日吉本町で、42年間にわたり地域に親しまれたサンドイッチ店が閉店した。

 夫婦が手を携えて切り盛りしてきたが、高齢に加え、コロナ禍による売り上げの減少が影を落とした。最終営業日の3月31日には常連客らが訪れ、別れを惜しんだ。

 閉店したのは日吉本町3丁目の「サンドーレひよし」。

 現在の店舗は3カ所目だが、1979年3月の創業から日吉本町で商売をしてきた。

珍しかった専門店

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

閉店に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング