1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 絶滅危惧種ツシマヤマネコの人工繁殖成功 ズーラシア国内初

動画
絶滅危惧種ツシマヤマネコの人工繁殖成功 ズーラシア国内初

話題 | 神奈川新聞 | 2021年3月23日(火) 22:20

 よこはま動物園ズーラシア(横浜市旭区)が、天然記念物で絶滅危惧種の「ツシマヤマネコ」の人工授精による繁殖に国内で初めて成功した。元気にミルクを飲んで順調に成長しており、性別はまだ分かっていない。

人工授精で生まれたツシマヤマネコの赤ちゃん(よこはま動物園ズーラシア提供)

 同園によると、ツシマヤマネコは長崎県・対馬にのみ生息する固有種で、野生では現在約100匹しかいない。成体は普通の飼い猫と同じぐらいの大きさで、耳の後ろの白い斑紋と太くて長い尻尾が特徴。

 同園では環境省の保護増殖事業に基づき、2006年からツシマヤマネコの自然繁殖や飼育に取り組んできた。19年度からは最新技術を活用した人工授精を始め、今回3度目の挑戦で成功した。腹くう鏡を使って精子を直接卵管内に注入する方法で、この技術を有しているのは国内で同園だけという。

腹くう鏡を使った精子の卵管注入の様子(よこはま動物園ズーラシア提供)

 赤ちゃんは今月18日に誕生。19日時点で88グラムだった体重が23日には133グラムに増えるなど、すくすくと育っている。

 同園では、赤ちゃんを含めて計4匹のツシマヤマネコを飼育。赤ちゃんを一般公開するかは未定という。担当者は「今後も人工授精を続け、繁殖に貢献していきたい」と話している。(佐藤 百合)

生まれた瞬間
ツシマヤマネコの赤ちゃん
ツシマヤマネコの赤ちゃん
ツシマヤマネコの赤ちゃん

よこはま動物園ズーラシアに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング